アメリカへ渡った留学生のブログ

アメリカの大学生が留学や国民性について語ります

アメリカ留学のキャリア論

題を見ても?となる方がいるかもしれませんが、日米の教育システムの違いはあまり知られていないことだと思います。

 

大きな違いは3年次に他の大学へ編入することが広く受け入れられていること。

日本の大学で例えるならば、高校卒業時点では東京大学への入学できなかった人が2年間早稲田大学で努力して3年次から東京大学へ編入できると言うことです。

 

なぜこのようなことが可能なのか、そしてこの仕組みによって学生にどのような影響を及ぼすのか、順を追って説明していきたいと思います。

 

 

 

まずはアメリカの学校の単位についての説明です。

 

 

日本でもしばしばアメリカでは飛び級で進学する子供がいると聞きますよね。厚切りジェイソンさんも飛び級で大学へ進学したと言われています。日本人の感覚では「先生が手に負えないくらい頭がいいので学習カリキュラムを特別に免除した」と考えがちですが、そうではないんです。

 

実はアメリカの学校では中学生の時から、大学のように自分で受ける授業を選んで登録するのです。自分でその学期中にいくつのクラスを取るかも自由です。さらに単位さえ取れれば高校や大学と進学することができます。つまり、多くの授業を早く履修さえしてしまえば年に関係なく高校生ひいては大学生になれてしまうのです。

余談ですが日本のような一年C組などのクラス分けはありません。

 

この学習における柔軟さが他大学編入という仕組みを可能にしていきます。

明日この続きを書こうと思います。